坂上茜のデビュー作を見て感じたこと

SOD社員・坂上茜さんのデビュー作を見て感じたことを率直に書きたいと思います。

パッケージ写真と実際の人物はかなりギャップがありました。

ライティングやメイクで印象を良くしていますが……まあこのあたりは許容範囲なのかもしれません。

スタイルは若い女性特有でスレンダーです。

普通のモデルさん並みの姿態だと思います。

ちょっと気になったのは画質です。

プロ用の器材を多分利用していないのでしょう。

個人用のビデオを利用したハメ撮りだと思います。

画質も良くありませんし、ハメ撮りですからアングルもイマイチな感じがします。

まあ、それがまたリアル感もあると思います。

裏パケ写真では鮮明な写真ですが本編では収録されていません。

撮影と同時にパッケージに利用する写真を撮影したのでしょうが編集段階でそのシーンはカットされたように思われます。

絡みのシーンはその処女喪失のシーンがひとつだです。

バージンをなくすまでのプロセスをことこまかく撮影しているのですが、まあこれも良くあるパターンでしょう。

処女喪失ですからハードなセックスシーンはもちろんありません。

気を使いながらの喪失という感じですね。

プライベートでも彼女がもしもバージンならば参考になる動画かもしれませんね。

Categories: 処女喪失
4月
4

Comments are closed.